肩こり、腰痛はもちろん、顎関節症もお任せください! 阪急四条烏丸駅から徒歩3分

阪急烏丸駅から徒歩3分、本当に健康になりたい人達の専門院 ボディーケア オフィス 烏丸 075-344-5088当日予約もOKです

健康ブログ  “肝臓”について(^O^)

ご縁に感謝いたします。
四条烏丸の整体院ボディーケアオフィス 烏丸
の北中です。

いよいよ12月ですね。
一年って本当に早いものです^_^;

12月になるとクリスマスや忘年会と外食する機会も
多いのではないでしょうか?

nomikai_salaryman

特に忘年会といえばお酒を飲む方が多いと思います。
お酒といえば肝臓に負担がかかるイメージは皆さんも
お持ちではないでしょうか?

 

という事で…

 

 

今回のテーマは「肝臓」です。

 

 

肝臓は人体の中で最大の臓器です。
身体の栄養素を作りだす、大きな工場のような存在です。

その細胞の再生力がとても高く
“老化しない臓器”とも言われています。

ただし、お酒を飲みすぎると肝臓でのアルコールの
分解が後回しになり、脂肪が肝臓に貯まってしまいます。
これが“脂肪肝”です。

この状態でさらにお酒を飲み続けられた場合、
やがて肝臓は“アルコール性肝炎”になりやがて
肝硬変”になり症状が進むと死に至る場合もあります。

予防するには、アルコールを控える事が大事になります。

また、ウイルス性肝炎などでも肝硬変になり、
最終的に肝臓がんになる可能性もあります。

特にC型肝炎の場合が多いそうです。
C型肝炎のウイルスは、血液を介して感染するため
若い人が不衛生なピアス処置などにより感染ケースも
あるようです。

この肝炎の場合は自覚症状もない為、知らない間に
肝臓がんを発症することもあるそうです。

 

 

恐いですね(>_<)

 

 

そうなる前に病院で肝炎ウイルス検査を受ける事を
おすすめします。

 

 

○脂肪肝について

 

脂肪肝はお酒を飲む人に多い
アルコール性脂肪肝」と
お酒を飲まない人の「非アルコール性脂肪肝
に分かれます。

 

 

・「非アルコール性脂肪肝」

 

 

1日の飲酒量が日本酒なら1合以下、ビールなら中瓶1本以下の
人に当てはまります。
脂肪肝の原因はお酒だけでなく、過剰なカロリー摂取、偏食、
運動不足などの影響も受けるのです。

 

 

kanzou_yakuwari

予防に野菜中心の食事を摂る事や適度な運動をする事が
あげられます。
脂肪を摂り過ぎないように注意する事です。

 

 

肝臓に良い食材として知られているのが
「しじみ」ですね。

shijimi_misoshiru2015

シジミに含まれるタウリンはアルコールの分解を
速め、オルニチンは肝臓の働きをよくすると言われます。
またビタミンB群などの栄養素も含まれています。

お酒を飲んだ後にしじみ汁が良いと言われる理由です。

 

 

○ここで肝臓に良いケア方法として…

 

 

休肝日を作る
アルコールの摂取を控えて肝臓を休ませる事が大事です。
休ませる事により肝臓が持つ解毒作用も活性化され身体の
機能も向上します。
3日に1日は休肝日を作ると良いでしょう。

 

 

2cc0adb55fc0065264de6aad49979b28

 

 

肝臓を温める

 
ゆっくり入浴して身体を温める事です。
手軽出来る方法ですね。
また、洋服の上からカイロを肝臓の位置に
貼るのも良い方法です。

 

087351

 

 

肝臓に良いものを摂取する

 
先ほどにもありましたがしじみ汁などのように
肝臓に良い働きをする食材を摂る事も効果的です。
肝臓は回復の早い臓器で、およそ90%は約1ヶ月ほで
回復すると言われています。
そこで肝機能アップに良い食材をご紹介します。

 

 

○動物性タンパク質

・鶏卵
・鶏ささみ
・レバー

 

 

○植物性タンパク質

・納豆
・豆乳
・グルテンミート

 

などがあります。

 

 

どちらもバランス良く摂取するように心がけてください。

イラスト 食事中

 

 

肝臓をマッサージする

 

 

えっ!っと思われるかもしれませんが肝臓は
マッサージできる臓器と言われています。
マッサージする事により血流がアップし肝臓を
活性化させるのです。
右側の肋骨に下から手を差し込んで持ち上げるように
してみてください。
10秒から30秒間持ち上げてキープしてください。
この時に深呼吸することがポイントです。
これだけで、効果が出てきます。

 

 

こんな感じです。

 

img_0957

 

 

ちなみに私の施術院では、内臓の調整をします。
肝臓はもちろん横隔膜や腎臓などの調整をします。
これにより、腰痛や肩こりはもちろんさまざまな症状
に効果が期待できます。

 

 

深呼吸で血流を促進する

 

 

疲れを感じたら無意識にため息が出る事ってありますよね。
経験のある方も多いのではないでしょうか?

 

ストレスと肝臓も深い関係があります。
ストレスを感じた時は無意識に呼吸も浅くなります。
深く深呼吸することで体内の血流量も増え、
肝臓の血流も良くなり疲労やストレスの改善に
つながります。

 

 

鼻から息を大きく吸って口から大きく吐き出します。
吸った息を吐ききる事がポイントです。

これも手軽な方法ですね(^.^)

yjimage

 

 

肝臓が不調になると肺の機能も低下します。
肝臓と肺は相関関係にあります。
肝臓の不調により肺の病気も合併するという
報告もあります。

 

 

肝臓の負担のかかりやすいシーズンです。
肝臓への負担を考慮して、ケアされてみては
いかがでしょうか。

 

 

肝臓の機能を活性化させて、健康になりましょう。

 

 

参考になれば幸いです(^O^)

ページの先頭にもどる
今すぐお電話で予約する