肩こり、腰痛はもちろん、顎関節症もお任せください! 阪急四条烏丸駅から徒歩3分

阪急烏丸駅から徒歩3分、本当に健康になりたい人達の専門院 ボディーケア オフィス 烏丸 075-344-5088当日予約もOKです

アゴと認知症が関係あるって知ってました?

ご縁に感謝いたします。
四条烏丸の整体院ボディー ケア オフィス烏丸
の北中です。

9月に入りひと雨ひと雨ごとに秋めいてきましたね。
もうすぐお彼岸ですね。
お彼岸を過ぎると秋も深まり過ごしやすくなりますね。

 

 

秋の良い時候が長く続くといいですね(^^)

 

 

秋といえば食欲の秋です。


美味しいものを食べるには、健康な歯と健康なアゴでないと
せっかくの美味しいものも食べられませんね^_^;

アゴの事でお困りでしたらいつでもご相談くださいね。

 

 

 

今回は、アゴと歯と認知症の関連性について書いてみました。

 

 

 

高齢化社会と言われる現代においてやっかいな疾患の一つとして
認知症」が挙げられると思います。

 

 

 

私のクライアントさんや友人の周りでもこの
「認知症」の方の介護にあたられている方がおられます。

お話しを聴いていると本当に大変だなっと感じてしまいます。

 

 

2025年には、700万人を越え65歳以上の5人に1人
「認知症」になると言われています。

 

 

https://info.ninchisho.net/archives/2666

 

 

これは、なかなか深刻な問題だと思います。

 

 

できれば、認知症の予防ができれば問題を軽減できるかも
しれませんね。

 

 

 

という事で、いろいろ予防策はあると思いますが、

顎関節の専門家として、歯とアゴの観点から

認知症の予防策をお伝えできればと思います。

 

 

 

歯とアゴが健康だと認知症になりにくい

 

 

あまり知られていないようですが、歯と認知症の関連性が高い
と言われています。
歯科医師の先生達のホームページやブログなどにも記載されています。

 

 

インターネットで

「歯と認知症」で検索するとたくさんの記事が出てきます。

 

 

 

https://kokumin.ago.ac/study/07/index.html

 

 

神奈川歯科大学の調査によれば残っている歯が20本以上の
人と歯が無い人や入れ歯をしていない人を比較すると
認知症のリスクは1.9倍にまで上がるそうです。

 

 

よく噛んで食べる事により脳が刺激されて
活性化されるんですね。
よく噛むという事はアゴの関節を動かすという事です。
咀嚼(噛む事)に必要なアゴに繋がる筋肉は、頭の骨(頭蓋骨)の
一部の蝶形骨という骨にも繋がっています。
この蝶形骨には大脳も繋がっており、噛む事により脳に刺激が
伝わり活性化されるのです。

ですから歯とアゴが健康でないとよく噛めない
という事になり、認知症になるリスクが上がると
いう事になります。

 

 

 

歯とアゴを健康にするには?

 

 

まずは、歯磨きをする事です。
歯周病により歯が抜ける人がほとんどです。
認知症はこの歯周病から始まるとも言えます。
その為にできるだけ早くから歯周病予防する事が
重要と言えます。
遅くとも40代から意識して歯磨きをする事、
定期的に歯科医師の先生の検診を受ける事が重要になります。

 

 

そして、見落としがちなのがアゴの症状です。

 

・口が開かない(開口制限

 

・アゴが痛む

 

・噛むとアゴが痛い

 

というような明らかな症状がある時は専門医に
診てもらいに行く人が多いと思いますが、

 

 

・アゴがガクッとなる

 

・口の開け閉めの時に音が鳴る(クリック音

 

などの症状ではそのまま放置している人も多いようです。

しかし、アゴの痛みや開口制限などは突然やってきます。
痛くないうちに早めに施術する方が改善率も高いのです。
ですから、お早目に専門医に相談する事をおススメします。
以前に私のブログに書いた中にセルフチエックの項目が

ありますので参考にしてください。

詳しくはコチラ

https://kitanaka88.jp/ago/762.html

 

 

アゴは1日に約2000回の開閉運動をする

と言われています。

さらに認知症予防のためによく噛んで食べる事を

意識するとさらに回数が増加します。

 

ですから、アゴのケアをする事も重要と言えます。

もし、痛みや不具合は無いけれど

 

口の開け閉めの時に音が鳴る

 

 

口開けると下アゴがまっすぐに開かない

 

 

たまのアゴが外れそうな感じがする

 

 

食いしばり癖がある

 

 

歯ぎしりをしていると指摘された事がある

 

 

など、当てはまるのであればぜひご相談ください。

お力になれるかもしれません(^^)

 

当院のアゴの施術について詳しくは

コチラをご覧ください

https://kitanaka88.jp/gakukansetsu

 

当院では、アゴのセルフケア方法もお伝えしています。

 

さあ、さっそく今日から歯磨きとアゴのケアを

始めましょう(^^)

 

 

まとめ

 

認知症を予防する為には、よく噛む事です。

 

ガムを噛む事もおススメです。

 

 

しかし、歯が悪かったり、アゴが悪かったりすると

噛む事もできませんよね。

 

 

よく噛む為に

 

 

毎日の歯磨きをする

 

 

歯科医師の定期検診を受ける

 

 

アゴの不調があれば専門医に早めに相談する

 

以上の3点です。

 

 

アゴに関してご不安やご質問があればいつでも

ご相談ください。

 

お力になれると思います(^O^)

 

ページの先頭にもどる
今すぐお電話で予約する