肩こり、腰痛はもちろん、顎関節症もお任せください! 阪急四条烏丸駅から徒歩3分

阪急烏丸駅から徒歩3分、本当に健康になりたい人達の専門院 ボディーケア オフィス 烏丸 075-344-5088当日予約もOKです

手術を受けるとホントに大変!

 

 

 

ご縁に感謝いたします(^^)
下京区は四条烏丸の整体院ボディーケア オフィス 烏丸
の北中です。

 

 

いよいよ2月に入り冬全開って感じですね。
今年の冬は寒い日が多いですね。

 


京都では、インフルエンザが警戒レベルとの事です。

みなさんも、体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

久々のブログの更新です。

ちょっとサボり気味でしたね(^_^;)

今回のテーマは「手術を受けると大変」というテーマです。

 

 

じつは、昨年の12月末からお休みをいただいて、
右膝関節の半月板の損傷の手術を受けて入院生活を送って
いました。

 

こんな感じでした。

 

 

長年の仕事での立ち座りでの使い傷みと老化現象も
合い重なって内側半月板が「バケツ柄状損傷」という
損傷をおこしてしまい、放っておくと行く行くは
膝の変形に繋がるので、早めに手術をする事を専門医の先生
に勧められ、手術を受ける事になりました。

 


(こちらのサイトから引用させていただきました。
とても参考になるサイトです)

https://sprain-bible.com/archives/1858.html

 

 

「関節鏡下半月板縫合術」という術式の手術を受けました。
分かりやすく言いますと、内視鏡(ファイバースコープ)
を使って膝関節内に入り、痛んだ組織を切除したり縫合したりする方法です。

 

 

膝関節部に3か所ほど穴を開けて内視鏡を
入れて半月板の縫合をしていただきました。
無事に手術は成功しました。
先生、ありがとうございますm(__)m

 

過去に私も病院に勤務していましたので、
手術を受けられた患者さんのリハビリを担当していた
経験があります。
その当時の事をいろいろと思い出しました。

 

自分自身が患者になり改めて
「患者さんの気持ち」がよく分かりました。

 

また、手術後って本当に大変だという事を
実感しました^_^;

 

 

ツラく感じた4つの事を書いてみました。

 

 

※あくまでも私が感じた事で私自身の見解です

 

 

術後は痛くてツラい

 


全身麻酔で手術を終えてその日は麻酔の影響と疲労から
ほとんど眠ってしまいます。
患部の局所麻酔の効果もあり、さほど痛みを感じませんが
翌日になると局所麻酔が切れだして痛みが出てきます。

飲み薬の痛み止めでは効かず
座薬を入れてもらいなんとか凌ぎました^_^;

女性の看護師さんに座薬をお尻に入れてもらう

ので恥ずかしいのですが、そんな事言っている

余裕もありませんでした。
なかなかツラい経験でした。
身体にメスを入れるという事はやはり

大きなストレスなのです。
身を持って実感しました。

 

 

排便や排尿がツラい

 

 

術後は、脚を固定もしていますし荷重もかけられないので
トイレに行く事も一人ではできません。
看護師さんに手伝ってもらい尿瓶で取るのですが
これがなかなか出ないので大変です。
特に男性は寝た姿勢での排尿は身体の機能と感覚の記憶
で違和感を感じるのか、したくても出ないのです。
これって意外にツラいです。
結果的に座った姿勢になりおしりを上げ浮かせると
できました。
普段健康な人にからするとイメージできない事ですが
手術を経験された人には“あるあるな内容”だと思います。

 

 

 

点滴や注射など痛い検査や処置が多い

術後に感染症の予防などを兼ねていろいろな抗生剤など
の点滴や採血により血液検査なども頻繁にされます。
これは、順調に回復する為に必要な事です。
でも、注射針は意外に太いので痛いですね(>_<)
点滴や採血そして膝の関節部に溜まった水(滑液)を
抜いたりと痛い事を辛抱しないといけないんですね。
2月に入り術後から1ヶ月以上経った今でも膝の痛みも
あり、水が溜まっています。
組織内での炎症反応として水が溜まります。
だいたい毎週1回は水を抜いてもらっています。
なかなか痛いです^_^;
早く水が溜まらないように回復して欲しいものです。

 

 

 

仕事を長期間休まないといけない

 

 

 

手術をうけるという事はやはり大事です。
身体が元の状態に戻るまで時間がかかります。
ケガや病気の程度により手術の内容も変わりますが
長いものでは3ヶ月から半年以上の入院が必要な

ものもあります。
また退院しても社会復帰できるまでリハビリも必要です。
本当に時間と労力そしてお金もかかります。

何より仕事を長い期間休むか業務内容の縮小が
余儀なくされます。
なかなか大変な事ですよね。

 

私も12月20日から1月7日まで約3週間休ませて
いただきクライアント様に迷惑をおかけしました。

また、現在も膝の痛みもありパフォーマンスは下がり
本調子ではありません。
通院も週1回ないし2回通院してリハビリと診察を

受けています。

 

まだまだ膝が痛み歩行もツラい状況です。
普通に歩けないって本当にツラいです。

 

 

まとめ

 

今回つくづく感じた事は、

 

 

健康って本当にありがたいし大事!

 

 

って事です。

 

 

当たり前の事なんですが、痛みや不快な症状を
患ったり、不自由を感じると本当に嫌ってほど
思いしらされるって事です。

 

 

健康で入院や手術と無縁だった私も身をもって
健康の有難さを痛感しました。

 

 

普段から健康に携わる整体師という仕事を

させていただいていますが、さらに意識が変わりました。

 

 

入院や手術をしなくても良い身体の状態を
保つ事、心身共に健康でありつづける為に
自分の仕事って本当に意味があるなって感じています。

 

 

わかっているつもりでしたが、
改めて身をもって感じさせてもらったこの経験は
とても大きな意味がありました。

 

 

私の施術家としてのいろいろなレベルアップに
繋がった事でしょう。

 

 

これからも

 

 

健康である事の意味と有難さ

 

 

を伝えていきたいと想います。

 

 

健康になりたい!

 

 

健康で居たい!

 

 

と願うあなたを応援します!

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる
今すぐお電話で予約する